アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の治療・診察

新宿駅前にある当院ではアレルギー性鼻炎の治療も行っています。アレルギー性鼻炎とは何らかのアレルゲンによって引き起こされる鼻炎のことです。くしゃみ、水のような透明な鼻水、鼻づまりなどが代表的な諸症状です。

アレルギー性鼻炎には症状が一年中あらわれる通年性アレルギー性鼻炎と、特定の季節だけにあらわれる季節性アレルギー性鼻炎とがあります。日本人の約20%がどちらかのアレルギー性鼻炎に罹患しているというデータもあり、けっしてめずらしい病気ではありません。

もし、少しでもおかしいなという症状が出たら早めの受診をおすすめします。アレルギー性鼻炎は早期治療がカギなのです。
通常、アレルギー性鼻炎の治療は、耳鼻咽喉科(耳鼻科)や内科などのクリニックで治療をおこなっておりますが、当院でも、診療しております。

アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎の原因はさまざまです。季節性アレルギー性鼻炎の原因には、スギ、イネ、ブタクサなどの花粉があります。一方、通年性アレルギー性鼻炎の原因としてはハウスダスト、ペットの毛、ダニなどがあります。

人間の身体には体内に侵入してきた異物を排除する免疫機能があります。アレルギーとはこの免疫機能が過剰に働いてしまうことです。本当は人体に害がない物質まで異物と見なし攻撃を開始することで発症します。

特に、ダニアレルギーは10歳以下で発症し小児アレルギー性鼻炎のおもな原因になっています。生涯にわたってつきあわなくてはいけなくなることもあるので十分注意しましょう。

病例

透明な鼻水、くしゃみ、鼻づまりがアレルギー性鼻炎の主な症状です。たかが鼻水などと軽視してしまいがちですが、悪化すると大変なことになります。

たとえば、くしゃみはひどくなると1回や2回ではすみません。発作のようにいつまでも止まらないようなくしゃみが出るのがアレルギー性鼻炎の特徴です。鼻のつけね、前頭部、耳にまで痛みが生じます。

鼻づまりもものの臭いが感じられないレベルにまでなってしまうこともあります。やがて集中力も途切れがちになり夜はなかなか寝つけません。鼻がつまっていると口呼吸をせざるを得ませんが、口呼吸は万病の元ともいわれています。

検査と診断

アレルギー性鼻炎は血液検査を行います。アレルギーを起こした原因となっている物質を特定することが目的です。

アレルゲンが体内に侵入するとIgE抗体、いわゆる免疫グロブリンEが生成されます。免疫グロブリンEとは哺乳類特有の抗体の一種で、アレルギー反応の中心をなす存在といわれています。特定の物質に接触した時の血中IgE濃度を調べることで、その物質がアレルゲンになっているかどうかわかるのです。

アレルゲンが特定されたら、それぞれに応じた薬を用いた薬物療法を行います。内服液、点眼液、漢方薬などを組み合わせて、それぞれの症状に最適な処方を提案します。

アレルギー性鼻炎の治療方法

薬物療法がアレルギー性鼻炎の治療法です。くしゃみ、鼻水、鼻づまりという三大症状に対しては抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬が飲み薬として処方されます。かつては眠気が心配な薬でしたが、最近は副作用はほとんどなく、1日1回の服用で効果が持続するものもあります。

鼻づまり、鼻水がひどい場合、ステロイド剤の点鼻薬を使うこともあります。粘膜に直接働きかけるので、よりいっそう眠気も副作用もなく、仕事の合間に治療を受けても安心です。ひどい鼻づまりにはロイコトルエン拮抗薬、トロンボキサンA2拮抗薬なども使用されます。

これらに併用して漢方治療が用いられることもあります。漢方は諸症状を抑えるというよりも、体質を改善してアレルギーをおこしにくくすることが目標です。

アレルギー性鼻炎の改善例

アレルギー性鼻炎の改善例はさまざまです。なかには劇的に改善されることもありますが、とくに季節性のアレルギー性鼻炎はアレルゲンとなる花粉が飛来する季節が来れば毎年繰り返すことが特徴です。

しかし、花粉の本格的なシーズンが到来する前に、少しでもアレルギー性鼻炎の兆候が見られたら治療を開始することで、その年は非常に軽くすんだという例が多数報告されています。アレルギー性鼻炎の治療のカギは早期対応にあるのです。

季節性の方に適用されることが多い漢方薬が通年性アレルギー性鼻炎に効果を発揮した例もあります。時間はかかりますが、ゆっくりと体質を改善するのもひとつの方法です。

日常生活の注意点

アレルギー性鼻炎を改善するには日常生活が大切です。たとえば、アレルギーの原因となるハウスダスト、ダニ、花粉などに触れないようにします。こまめに掃除をしてつねに清潔を心がけましょう。

室温は20℃前後、湿度は50%程度がダニ対策には効果を発揮します。畳、カーペットは、ダニの巣になりやすいので、なるべくフローリングの床で過ごすようにしてください。

また、環境を整えても免疫系に異常があると、少しの刺激で発症してしまいます。十分な睡眠、栄養バランスのとれた食事を心がけストレスをためない毎日を過ごしましょう。

アレルギー性鼻炎の薬で注意したいこと

アレルギー性鼻炎の日常で注意したいのとは、とにかくアレルゲンと触れる機会を少なくすることです。しかし、花粉など完全にシャットアウトするのが困難なものもあります。そのような場合でもできることだけでも気をつけましょう。たとえば外出時にはマスクを必ず着用します。花粉症用のマスクではなくても普通のものでもかまいません。ただ使い回しはできるだけ避けて毎日交換するようにしましょう。

また、抵抗力を強くしておくことも大事です。十分な睡眠、栄養バランスの良い食事を心がけて、規則正しい毎日を送るようにしましょう。