インフルエンザ

風邪とは別の疾患とされてきました。最近ではインフルエンザが疑われる場合は迅速診断キット診断を使い、陽性反応が出た場合は、抗インフルエンザウイルス剤を服用することになります。

風邪とインフルエンザは症状も原因も症状もはっきり異なります。

「風邪」は、のどの痛み、鼻水、咳(せき)などの症状を伴う呼吸器の急性炎症です。発熱、頭痛、食欲不振などが起こることもあります。健康な人でも年に数回程度かかるといわれています。

1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全になる場合もあります。

インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。日本では毎年11月~4月に流行が見られます。2009年春、いわゆる「新型インフルエンザ」が流行したことは、まだ記憶に新しいでしょう。

インフルエンザの特徴

• 潜伏期間 … 1~3日
• 感染経路 … おもに飛沫感染(※)
• 発症 … 急激に38℃以上の高熱が出る
• 症状 … 悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰(たん)、 呼吸困難、腹痛、下痢などの胃腸症状 など
• 療養期間 … 一週間程度